「セロトニンとうつはまったく関係ない」は誤解。運動で増えたセロトニンが海馬で神経新生を促進し、うつが改善される。

今回はセロトニンとうつの関係性について書いていきたいと思います。

私自身はうつ病患者ではないのですが、重度の社会不安障害でSSRIを服用していた経験があります。現在でも精神状態に深く関わっているといわれているセロトニンについては興味があり、情報収集を続けています。

セロトニンに関してはまだ分かっていないところも多く、「セロトニン不足はうつの原因?」「いや、うつとは関係ない」など疑問をもたれている方も多いようです。

そのような中、セロトニンと抑うつに関する非常に興味深い実験結果を見つけました。実験内容を紹介しつつ、「セロトニンとうつの関係性」についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
記事内広告

そもそも何故うつ病にはセロトニンが効くの?

まずは、セロトニンとうつ病の関係について軽くまとめます。

そもそも何故「セロトニンを増やせばうつが治る」といわれているのかを改めて確認していきましょう。

参考資料:抗うつ剤の種類・特徴とその限界

セロトニンとうつとの関係性が注目されたのは偶然の発見がきっかけだったといわれています。

「セロトニン」「ノルアドレナリン」「ドーパミン」といった神経伝達物質はその構造から「モノアミン」に分類されます。(ちなみに「モノアミン」とはアミノ酸から作られた物質という意味です)

このモノアミンを増やしたり減らしたりする作用を持つ薬を、偶然患者に投与したところ、気分に変化が生じたということを昔の医師が気づきました。

例えば以下の通りです。

・ノルアドレナリンを減少させる作用のある「レセルピン」という降圧剤を投与した一部の高血圧患者にうつ症状がみられる

・モノアミンの分解を抑える作用がある「イプロニアジド」という結核の治療薬を投与した一部の患者が興奮したり、気分が爽快になる

このような知見から、「うつ病はモノアミンの減少で生じ、モノアミンの量をコントロールすることで気分の改善が得られるのではないか」という考えが生まれました。

それが、現在のうつ病治療の理論としても用いられている「モノアミン仮説」です。

「モノアミン仮説」は名前だけは聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

この「モノアミン仮説」に基づいて、投薬によりセロトニンやノルアドレナリンの量を増やすことによって抑うつ状態が改善されると考えられるようになったのですね。

実際、抗うつ薬って効いてるの?

ですが、セロトニンやノルアドレナリンといったモノアミンを増やす薬が実際に患者に効いているの?となると、そこには厳しい現実があるようです。

先ほどと同じ参考資料「抗うつ剤の種類・特徴とその限界」によると、

・服用者のうち3分の1が寛解、3分の1が不完全寛解、3分の1が無効

というのがおおむね共通する治療成績とのことです。(寛解とは病気の症状がほぼ消失した状態)

つまり、投薬によってうつが完全に回復しましたというのは3分の1程度という結果なのですね。

うつ病患者に対する抗うつ剤投与がまったく無意味というわけではないものの、「うつ病を確実に治してくれる」とは言いがたいというのが現状ということになります。

抗うつ剤は効く人もいれば、効かない人もいる。これが現状のようです。

※あくまで参考資料を元に記載しました。自己判断による減薬は絶対にお控えください。

うつとセロトニンは関係ない?

このように、うつ病とセロトニンの関係性を疑問視させる結果も出てくる中、次のような調査結果も出てきました。

セロトニンとうつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果が発表される

簡単に記事の主旨をまとめると

・「セロトニンに関連する遺伝子の違いがうつ病の発症リスクと関連している可能性が高い」とこれまで考えられていた。

・過去10年分あまりの調査データを検証してみた結果、今までうつの原因ではないかと考えられてきた「セロトニンに関連する遺伝子」とうつ病との関連性は否定された

・しかし、ストレスと遺伝学がうつ病に関連していることは明らか

実際には「セロトニンとうつが無関係」というよりも、「(これまでうつの原因ではないかと考えられてきた)セロトニンに関連する遺伝子がうつ病とは関係ない」という主旨の記事ですね。

ちなみに、ここでいう「セロトニンに関連する遺伝子」とは、色々と調べてみた結果、5HTTLPRのようです。

5HTTLPRとはセロトニントランスポータープロモーター遺伝子といって、セロトニンを回収する役割のセロトニントランスポーターに関連する遺伝子。

こちらの記事によると、この遺伝子による型の違いによって、セロトニントランスポーターの数が異なってくるとのことです。

その結果、セロトニンの働きに個人差が生じ、個人が感じる不安感にも差が出てくるとのことですね。この遺伝子とうつ病との関連がこれまで指摘されていたのですが、調査の結果、それは関係がないということ。

同様の調査結果を手持ちの書籍からも引用で紹介します。

2009年にリッシュたちは、セロトニントランスポータープロモーターの多型と「うつ」の危険の関連を調べた論文14編、対象者1万4250人についてのメタ分析を行い、ストレスと「うつ」とのあいだには明らかな相関を認めたものの、セロトニントランスポータープロモーター遺伝子型と「うつ」のあいだには相関を認めなかったと報告しました。

もしこれが正しいのなら、セロトニントランスポータープロモーター多型と「うつ」に関する従来の説明は成り立たなくなるのかもしれません。結論は今後の研究にまたなければなりません。

引用:性格はどのようにして決まるのか 遺伝子、環境、エピジェネティックス 著 土屋 廣幸

繰り返しになりますが、まとめると、

セロトニンに関する遺伝子の型の違いがうつにつながっているのではないかと考えられていた

→それを否定する調査が出てきた

ということですね。

ネットで「セロトニン うつ」と打ち込むと関連ワードに「関係ない」「無関係」という検索ワードが出てくるのはこのような結果からだと考えられます。

じゃあ、うつ改善のためにセロトニン増やしても意味ないの?

このような結果をみると、「セロトニンとうつって関係ないの?」「うつ改善のためにセロトニン増やしても意味ないの?」という疑問もできてきますよね。

ちまたでよく言われる「リズム運動でセロトニンを増やせばうつが改善される!」「太陽の光を浴びてセロトニンを増やせばうつが改善される!」というのはまったく無意味なのかと。

ですが、そのようなことはなく、運動などで増やしたセロトニンは抑うつ症状を改善するという実験結果があります。

運動で増えたセロトニンが海馬で神経新生を促進し、うつが改善される。

運動と同じメカニズムの 抗うつ薬の開発に挑む 〜「脳を知りたい」知的好奇心が原動力〜 」

この記事によると、

運動をすると、海馬でセロトニンが増える

→増えたセロトニンがセロトニン3型受容体にくっつく

→海馬の神経生成が増える

→うつが改善さえる

ということが分かったそうです。

厳密にいうと、運動で海馬のセロトニンが増える→神経生成が促される→うつが改善されるというのは以前から分かっていたのですが、そのメカニズムが解明されたということ。

運動でうつが改善されるというメカニズムのひとつが明確に示されたのですね。

運動で増やしたセロトニンは、海馬の神経生成を増やすという形で抑うつ改善にしっかりと働きかけていたということになります。(興味深いことに抗うつ薬ではこの効果は見られなかったようです)

うつ病の原因はまだ詳しくわかっていませんが、「神経可塑性説」というものがあり、健康な状態に比べて神経細胞の数が減少しているのがうつの原因ではないかとも考えられています。(参考図書:脳と心の仕組み 著 池谷裕二)

セロトニンの海馬の神経性性を促すという作用は注目すべき点となりますね。

運動でメンタルが改善したよ!運動でセロトニンが増えるとうつの責任領域ともいわれている前帯状回の活動が低下

続いて運動の抑うつ改善効果とセロトニンの関係について調べた実験を紹介します。

「実際にセロトニンを増やしたら気分が改善した!」という結果をみるとモチベーションが上がりますよね。

運動によるセロトニンシステムの活性化が不安を軽減する

簡単にこの記事を要約すると以下のようになります。

・被験者を運動するグループと運動しないグループに分かれて気分改善の実験を行った

・運動をするグループでは、運動習慣のある20歳代の男女に30分間、自転車こぎをしてもらった

・運動をしたグループでは不安が軽減し、活気が向上していた。これは運動しなかったグループには見られなかった

・運動したグループでは60分後の尿中セロトニンが有意に増加していた

・尿中のセロトニン量の変化率と、前帯状回の活動の変化率には強い負の相関があった。つまり、セロトニン生成量が増えるほど前帯状回の活動量が軽減する。

※前帯状回は情動反応を調節する働きがあり、「うつ病の責任領域」とも言われているとのことです。

このような実験結果からも、リズム運動などによって増えたセロトニンは、うつに対して有益に働いている可能性が高いということが分かりますね。

つまり、運動で増えたセロトニンが抑うつを改善させる働きがある以上、セロトニンとうつ病はまったく関係ないとはいえないということがいえるのではないでしょうか。

書籍やネットで紹介される「リズム運動でセロトニンを増やそう!うつが改善されます!」というのはあながち間違いではなかったのですね。

まとめ

さて、今回はセロトニンとうつ病との関係についてまとめてみました。

・セロトニンの量を増やす抗うつ薬は現状では完璧とはいえない

・これまでうつ病の原因と考えられてきた、セロトニンに関する遺伝子とうつ病との関係は否定された。

これらの結果から「やっぱうつ病とセロトニンって関係ないの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。ですが、

・実際に運動で増えたセロトニンが抑うつ効果を発揮しているメカニズムが解明された

・運動した被験者達は不安が軽減され、活気が向上した。また、尿中のセロトニンの増加に伴い、「うつの責任領域」ともいわれる前帯状回の働きが低下していた

という事実からも「セロトニンとうつは無関係」と一概にいうことはできないということでしたね。

まだセロトニンに関しては分かっていないことも多いのですが、書籍やネットで紹介されている「リズム運動でセロトニンを増やしてうつを改善!」には一定の効果があると見込まれます。

また、セロトニン神経は運動をはじめて5分くらいで活性化がはじまるといわれています(朝5分の幸運習慣 セロトニン生活のすすめp118)

興味がある方は、無理せずにできる範囲からはじめてみるといいですね。

(私はセロトニンを増やす方法として呼吸法を実践しています。メンタル改善には呼吸法も非常にオススメです)

スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事