更新内容の変更と「意志力」についての軽い解説

こんにちは、にじまるです。

冬真っ盛りという時期で非常に寒いですね。

私は寒いのが苦手ですので「あと一か月半、あと一か月半」と自分に言い聞かせながら毎日を過ごしております((´・ω・`))

みなさんどうお過ごしでしょうか?

今回は更新内容の変更について書かせてもらおうと思います。(意志力についての軽い解説も入ります)

スポンサーリンク
記事内広告

継続に関する記事を書く予定でしたが……

年末に書いた記事で「1月中旬あたりから継続に関する記事を書きますよー」と告知していたのですが変更させていただこうと思います。

これにはちょっと理由がありましてですね、現段階で紹介していい理論の判別に時間が必要になったためです(´・ω・`)

できるだけ記事には科学的な根拠を入れるように心がけているのですが、科学的根拠って一転したり、二転したりと扱いが難しいんですよね。

継続に関しては「意志力」といって科学的な研究が近年盛んに行われています。

「意志力」について軽くですが解説していきますね。

(この記事一つで「意志力」に関して詳細に解説することはできませんので、ぼんやりと理解していただければ結構です)

意志力とは

「意志力」とは簡単に言うと、自制心や自己コントロール能力のことです。

「自分のためになるからこれをやろう」というやる力、「自分のためにならないからこれはやめよう」というやらない力などを科学では「意志力」とよんでいます。

一般にも「意志が強い人」といった表現をしますが、その意志力のことですね。

当ブログでは呼吸法を熱烈に推奨していますが、どんなに良い習慣も結局続かなければ意味がないということで、継続をサポートする目的で意志力に関する記事を連載する予定でした。

意志力が高ければ高いほど「継続」や「習慣化」に役立つのでとても大切な要素です。

意志力に関しましては研究によって「実は意志力ってこういう特徴があって、こうやって鍛えられるんです」という科学的な見解が近年多数出版されています。

有名どころはこちらの本です。

WILLPOWER 意志力の科学

この本の著者のロイバウマイスターさんが意志力に関する有名な研究をいくつも行って、その後「スタンフォードの自分を変える教室」などの本でも意志力が盛んに取り上げられてきました。

これは最近の継続や習慣に関する本でもよく語られている内容なのですが、多くの実験により「意志力は限りある資源」であると考えられてきました。

例えば意志力に関するとても有名な実験にラディッシュ(西洋の大根)を使った実験があります。

ラディッシュ実験は以下の通り

・意志力に関する実験をするために空腹の被験者を2つのグループに分けました

・一方は「チョコレートを食べられるグループ」。もう一方は「目の前にチョコレートがあるのだけれど、生のラディッシュ(大根)を食べさせられるグループ」

・もちろん、チョコレートを食べられるグループはみんな満足。ラディッシュグループはチョコレートを我慢するために多くの意志力(自制心)を使ったと予想されます。

・それぞれのグループは続いて別の部屋で図形パズルを解くように指示されました。しかし、図形パズルは絶対に解けないようになっています。

・さて、被験者は一体何分パズルを解くために頑張り続けられるでしょうか?

結果としては、チョコレートを食べたグループに比べ、ラディッシュを食べさせられたグループは早々にパズルを解くのをあきらめてしまいました。

この実験により意志力に関しては以下の特徴があると考えられました。

・ラディッシュを食べさせられたグループはチョコレートを我慢させられたことによって多くの「意志力」=「自制心」を使わなければならなかった

→解くのに「意志力」が必要なパズルを早々に諦めたのは、チョコレートを我慢したことによって「意志力」が枯渇してしまったからだ

→意志力は有限なもので「限りある資源」だ!

つまり、私たちの「意志力」=「自制心」というのは、チョコレートを我慢するための意志力、パズルを解くための意志力、頑張って掃除をするための意志力、勉強をするための意志力と個別に分かれているものでなく、意志力はすべて同じ源から生み出されていて、使うにつれて減っていくものだということですね。

身近な例でいうと、仕事を頑張って疲れて帰ってきたときほど、ついつい甘いものに手を出してしまったり、禁煙を心がけている人でもついたばこに手が伸びたりしてしまいますね。それは、仕事で意志力を使い果たしちゃったために、意志力が枯渇して我慢が効かなくなっている状態ということ。

誰しも経験があることだと思うので、すごく納得できる理論ではないでしょうか?

これは同じような実験が200件以上行われており、すべて同じ結果を示していると紹介している本もあり(「習慣の力」という本)、「意志力=限りある資源」は定説になりつつあったんですね。

私もこの結果をみて

「なるほどな(^ω^)」

と意気揚々と記事で紹介しようとしていました。

ですが、最近になり「意志力」に関する研究が更に進むにつれて、この実験おかしくない?という意見も多く出てきました。

同じような実験をやってみましたけど、「意志力って全然限られた資源じゃないですよ」っていう結果が多く報告されるようになったんですね。むしろ意志力=有限と刷り込むのは有害という意見も。

(詳しくはこちらの記事がわかりやすいです)

私はこの結果を見ても最初は「そりゃ反対意見もでてくるのは当たり前」と思ってました。

ですが、この記事以外にも私なりに調べてみたところ、、、、

どうも無視していいような内容ではないんですね。

多くの実験によって「意志力」に関しては科学的に解き明かされた感があったのですが、未確定な部分も多いというのが現状のよう。

ですので、もう少し内容を吟味して、使える部分と使わないほうが無難な部分を見極めてから紹介することにしました。

私自身、継続に関しては自信がある分野ですし、継続って呼吸法の実践のみならず、勉強や読書、ダイエットといったありとあらゆる良い習慣に応用できるものなので早めに紹介したいなとは思っていたのですが……

予定を変更してもう少し時間をかけさせていただきたいと思います。

新年早々ドタバタしていて申し訳ないです(´・ω・`)

2019年は心の病気についても詳しく書いていきます

こちらは別件になりますが、今年は心の病気についても詳しく書いていこうと思います。

いくつかの記事でも書いているので知っているという方もいらっしゃると思うのですが、私は社会不安障害、パニック発作、不眠症といった心の病気を自力で克服しています。

もしかしたら心の病気のことが知りたくてこのブログを訪問して頂ている方もいらっしゃるかもしれません。

心の病気との向き合い方や治し方などについてはまだまったく書けていない状態なのですが、今年は心の病気についての記事もアップしていこうと思っています。

特に精神疾患に関しましては、論拠となる知識を補強したり、最近の医学的な見解も確認してから書きたいと思っていますのでもう少し時間がかかりそうですが、心の病気でお悩みの方がいらっしゃいましたらお待ちいただけたらなと思います。

(何か聞きたいことがあるという方は問い合わせフォームよりメッセージください。心の病気に関することでももちろんOKです!)


簡単にはなりますが、以上が更新内容の変更とこれからの告知となります。

今年もコツコツ記事を更新していきますので、よろしくお願いします!

(^ω^)

スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事